WebDirect用のSSLサーバー証明書
更新

SSLサーバー証明書とは何ですか?

SSLサーバー証明書とは、組織の情報に暗号鍵を紐づける小さなデータファイルのことを指します。HTTPSプロトコルを利用しているウェブサイトはウェブサーバーにSSL鍵がインストールされているため、ウェブサーバーからブラウザの接続の安全性が確保されます。そのため、クレジットカードの取引、ログイン、データの転送、ソーシャルメディアの閲覧などが安全に行えます。

つまり、ブラウザに「https://」と表示されるウェブサイトはすべて安全なウェブサイトだということです。

SSLサーバー証明書は、ドメイン名 / サーバー名 / ホスト名を紐づけます。

WebDirectウェブサイト用のSSLサーバー証明書について

2018年7月以降、Google Chromeのブラウザでは、SSLサーバー証明書を取得していないウェブサイト(すなわち、「https://」で始まらないウェブサイト)はすべて「保護されていない」ウェブサイトとして表示されるようになります。

BookingSuiteでは、7月までにSSLサーバー証明書を取得できるよう、ご契約いただいている施設様に対してサポートを行っております。

SSLサーバー証明書を保有する主な利点について

  • 検索結果の表示順位アップ:グーグルによるアルゴリズムの最新アップデートで、HTTPSがランキングシグナルとして使用されることとなりました。つまり、SSLサーバー証明書を保有するウェブサイトは、オーガニック検索のランキングで有利になります。
  • ブランドバリュー:SSLサーバー証明書は、セキュリティの安全性と信頼性をユーザーに示すことができるツールでもあります。WebDirectのウェブサイトにSSLサーバー証明書を取得することで、貴施設のブランド力に良い影響を及ぼし、潜在顧客への強い希求力を確立することにつながります。
  • 安全な決済と情報:クレジットカード業界(PCI)の基準に準拠して、クレジットカード決済を行うウェブサイトはSSLサーバー証明書を取得する必要があります。SSLサーバー証明書を保有していると、すべての情報は転送時に暗号化されるため、第三者による妨害や読み取りを防ぐことができます。
  • 認証:通常、SSLサーバー証明書を取得したい管理者は、検証および認証手続きを完了しなければなりません。そのため、HTTPSの使用状況から悪質なウェブサイトを識別しやすくなり、フィッシング詐欺を働く可能性も高まります。

どのような手続きが必要ですか?

WebDirectのウェブサイトがSSLサーバー証明書を取得したら、以下の手順に沿ってウェブサイトの安全ステータスが正しく識別されているか確認してください。

1.危険なスクリプトをチェックする

貴施設のウェブサイト上に埋め込みコードやウィジェットが表示されているか確認してください。第三者コードやウィジェットがプロバイダーによってSSLサーバー証明書を取得していない場合、WebDirectでは表示されません。 また、証明書のないウィジェットがある場合、貴施設のウェブサイトはユーザーのブラウザー上で安全でないサイトとして表示されてしまいます(例:Google Chromeでは「保護されていない通信」として表示されます)。

2. Googleのサーチコンソールを確認する

グーグルのサーチコンソールを使用している場合、「https」バージョンのウェブサイトを同サーチコンソールアカウントに追加する必要があります。詳しくはこちらの記事をご確認ください。

3. Google広告を更新する

HTTPからHTTPSへの切り替えはBookingSuiteにより自動的に行われるため、ご安心ください。しかし、ページロードのパフォーマンスを向上させるためには、Goolgle広告のリンクをすべてHTTPからHTTPSへ更新することをお勧めします。詳細については、広告掲載のガイドラインをご確認ください。

ご質問・ご不明点について

こちらの記事をご確認ください。