Googleドメインの接続
更新

こちらは、Googleドメインで管理しているドメインのウェブサイトの接続方法の案内です。

ステップ1 – ウェブダイレクトへドメイン追加

ドメインをウェブサイトに接続するには、WebDirectアカウント上でドメイン名を追加する必要があります。ドメイン設定は、WebDirectの「設定」タブにある「ドメイン」ページから管理できます。WebDirectアカウントへのログイン方法にご不明点等がありましたら、こちらの記事をご覧ください。

2018-10-31_14h15_53.png

WebDirectの「ドメイン」ページにアクセスしたら、「+ドメインを追加」ボタンをクリックします。

add_domain.png

www.施設名.com(必ずwwwを含めて入力してください)のようにドメインを入力し、「追加」をクリックします。最後に、画面右下の「保存」ボタンをクリックします。

Add.png

Save.png

ステップ2 - 301リダイレクトを設定する

すでにご自身でドメインを購入している場合、このままステップ3にお進みください。ご自身のドメインで運営されていたウェブサイトがある場合は、こちらの手順に従い、ステップ3へお進みください。

ステップ 3 - Googleドメインのアカウントへログイン

https://domains.googleからGoogleドメインのウェブサイトへアクセスし、アカウントにログインしてください。ログインボタンは、右上にあります。

goo2.png

goo01.png

 

ステップ 4 - CNAMEを設定する

「DNS」欄のDNSボタンをクリックして、CNAMEを設定します。

goo001.png

次の画面の「Custom resource records」のドロップダウンメニューから「CNAME」を選択します。

goo3.png

画面左の「@」欄に「www」、「Domain name」欄に「suite-sites.booking.com」を入力してください(以下スクリーンショット参照)。真ん中の「1H 」は変更しないでください。入力したら、「Add」ボタンを押してください。

goo5.png

正常に追加されると、以下のスクリーンショットのように表示されます。

goo4.png

ステップ5 - ドメイン転送を設定する

次に「www」からの転送を作成します。この設定を行うことで、ブラウザバーにyourdomain.comだけでなくwww.yourdomain.comを入力しても、貴施設のドメインへアクセスできるようになります。

メインページの「Synthetic records」から設定を行います。ドロップダウンメニューから「Subdomain forward」を選択し、左側のフィールドに「@」を入力します。右のフィールドには、貴施設のドメイン名を入力してください。

必ず「Permanent redirect (301)」と「Do not forward path」にチェックを入れてください(以下スクリーンショット参照)。

goo6.png

ステップ6 – プライマリ・ドメインを設定する

最終ステップとして、追加したドメインをプライマリ・ドメインに設定する必要があります。複数のドメインがある場合、そのうち一つがプライマリ・ドメインとなります。その他設定したドメインは自動的にプライマリ・ドメインへリダイレクトされます。貴施設のウェブサイトにアクセスした人は、必ずプライマリ・ドメインがブラウザバーに表示されます。

プライマリ・ドメインを設定するには、ウェブダイレクトの設定内、「ドメイン」ページへ移動してください。「その他のドメイン」に表示されているドメインの中から、プライマリ・ドメインにしたいドメインの上にカーソルを合わせ、「プライマリ・ドメインにする」をクリックしてください。必ず、ページ右下の「保存」をクリックして、変更をすべて保存してください。

ポイント:ドメインのプロバイダー上で必要な変更を行ってからでないと、プライマリ・ドメインには設定できません。設定が完了していない場合、「このドメインはまだ主要ドメインに設定する準備が整っていません。DNSレコードの更新には最大4時間かかります。しばらくし経ってから、もう一度お試しください。」というエラーメッセージが表示されます。

ドメインの管理に関してお困りの場合、こちらのガイドをご参照ください